スプラウトとは

生産者より直送新鮮発芽野菜セット
【新鮮直送!送料無料】おためしスプラウト野菜11品セット

スプラウトとは英名で「萌芽」を指します。種の中の栄養だけで生長したもので、日本では「もやし」とよんでいますが、外国ではもやしも芽物野菜も含めてスプラウトとよんでいます。
日本では学術的に以下のように区別されます。
1.種子利用のスプラウト(新芽)をもやしという。
2.双葉で収穫され利用されるものを芽物(かいわれ)と称する。
3.種苗で収穫され利用されるものをつまみ菜という。
4.幼苗利用(葉数5〜6枚まで)で収穫され利用されるものを間引き菜という。

豊富な栄養成分と優れた消化

いかなる食物性食品も生命に不可欠な成分面において、新芽・若芽より優れているものはありません。種や豆は、発芽すると、ビタミン・ミネラル・酵素・核酸が大幅に増加します。ビタミンB群は種の時の4〜16倍にもなります。
また、植物は発芽によって種に含まれている栄養素が分解され、私たちの身体に消化・吸収されやすい形に変化するため、効率よく栄養摂取できます。

鮮度の高さと安全性

土屋肥料を必要とせず、オーガニックの種子さえ入手できれば、自家栽培で無農薬の新鮮なスプラウトがいつでも収穫できます。種子の種類にもよりますが、撒いてから新芽なら3〜5日、若芽なら6〜10日ぐらいで育ちます。
また、市販されている野菜・果物では農薬や消毒液などの心配があります。自分で育てれば安心です。

スポンサードリンク

ダイエットと老化防止

スプラウトは低カロリーなのでダイエット効果があります。また、スプラウトの豊富な酵素により、活性酸素の酸化作用も取り除かれます。また採れたての天然植物栄養素により体内浄化作用を増進し、若さと健康のお手伝いをします。